こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年6月17日日曜日

6/17(日)美術館観覧の報告


雨予報のなんのその!

みんなの行いがいいので、お天気となりました。



大きな鮭の看板。

そうです、あの鮭を描いた人です。


高橋由一



観覧授業に際してのお話の後に、早速入館。

「東京藝術大学大学美術館」のエントランスにある、大学美術館のマークです。

二人で仲良く並んでいるみたいだし、絵を観てびっくりしている顔みたいでもあります。


館内の螺旋階段も。面白いんですよ。

3階上方には明かり取りの窓があり、出窓の空間もあるので明るいんです。


 展示の合間に、出窓の空間で一休み。

ここからスカイツリーが見えるんですよ!

展示は、スケッチから水墨画、水彩や油絵まで多くの作品があり、なかなか見応えのある内容でした。

塾生のみんなも、一生懸命に観ていました。

がじゅくの課題で行った技法や表現を、展示作品の中に見つけて興奮していました。

「あ〜、よく見てるな。」と関心しました。


美術館だけではなく、陳列館(大学内展示棟)や絵画棟1階の大石膏室なども観てまわりました。



↓↓↓ここが絵画棟。


大学美術館の裏手にある絵画等。

ここで、塾長、アキヒロ先生(油画)、ももこ先生(日本画)は絵画を学びました。
正確には、ももこ先生は、まだ博士課程在籍なので、学んでいます。

ゆうの先生は、工芸科なので別の建物でしたが、同じ大学でみんな多感な学生時代を送りました。


と、なんだか、脱線していますが、午前:幼児クラス、午後:少年クラスと楽しく観覧授業をすることができました。



担当したのは、塾長、アキヒロ先生、ちひろ先生、ふみこ先生、のぞみ先生、ももこ先生、ゆうの先生、まちこ先生、ひかる先生。(記:アキヒロ先生)