こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年9月11日火曜日

9/8(土)の授業報告

今日の課題:

幼児クラス 「指で描く点描(ロール紙に共同制作)」
少年Aクラス「カメを作る」
少年Bクラス「指で描く点描」「階段を作る」「ウニ」

今日の幼児クラスでは、大きな紙を貼りつけた低いテーブルをスタジオの真ん中にどーんと置いて、なにやらいつもと違う雰囲気。好きな色をパレットに溶いたら、みんなでテーブルを囲みましょう。筆を使わないで指を使って絵を描く「点描」の大作に挑戦しました!

はじめは〇や△や□を描いてみたり、いろんな動物さんの足跡をまねっこしてみたり、お指のお散歩をしてみたり・・・小さなスポンジや手のひらでぺたぺたスタンプもしてみたり・・・みんなで力を合わせてこんなダイナミックな作品が出来ましたよ!
さすが大きな作品を描いただけあって、終わるころにはだいぶバテてしまった生徒さんも。みんなのパワー、作品に出てますよ。最後までよく頑張りましたね!

少年Aクラスは幼児クラスから移った生徒さんと、その生徒さんのお姉さんが今日からがじゅくの仲間入りをしました。面倒見の良い優しいお姉さんと元気いっぱいの妹さん、なかなか良いコンビですね。今日は紙粘土を使って「カメの作る」の工作を始めました。のろのろカメさんを作るのに必要なのは、こうらに頭に手に足、それからしっぽ。いくつかのパーツをいろんな色で分けて、絵の具と紙粘土を一生懸命捏ねていきました。今日はパーツ作りで終わったので、次回はいよいよ組み立てていきましょう。完成したら写真をアップしますね。

少年Bクラスはこちらも仲良し姉妹です。お姉さんは新しく「指で描く点描」を始めました。スタジオの道具をモチーフにして、デッサンに彩色をするのですが、今回は点描という技法で描くのでちょっぴり難しかったと思います。以前制作したグラデーションカードを思い出しながら、絵の具をさまざまな濃度に溶いて、指先で微妙な陰影をつけていきます。点と点が混ざり合い、なんとも素敵な色合いです。
妹さんはウニの続きをしました。つまようじは染めてあるので、今日はひたすらボールに刺していく作業。端からみっちりと隙間なく刺していく様子に意気込みが感じられます。山盛りだったつまようじが今日一日で残りわずかに。このまま行けばつまようじを追加しないと足らなくなるかも?
きっと見ごたえのあるウニになるのではないでしょうか。

二人ともそれぞれの制作の前に、前回途中まで仕上げた「階段を作る」の仕上げをして完成させました。

植物をテーマに花柄にしたり、模様のように飾ってみたり、とてもオシャレで細部までこだわったステキな作品です。

担当はももこ先生でした。(記:ももこ先生)