こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年12月19日水曜日

12/19(水)の授業報告


本日は小山スタジオ「いろはがじゅく第三回」でした。

今回は「素材に触れる」でした。
コラージュという技法と使いながら楽しく授業を行なっていきました。

クレヨンや絵の具で描くことに加えて、ちぎった画用紙などを使って絵を作っていきます。通常の描くといった行為よりも手の感触を使っていくようなイメージで進めていきました。


コラージュに使う色画用紙をビリビリとちぎっていきます。
大人だと簡単な作業ですが、お友達には難しい作業だったりします。

でも、焦らず見守っていればきっかけを見つけて「ビリビリ」と紙をちぎることを楽しんでいきますよ。




最初はなかなか上手にできなかったけど、コツをつかめばこの笑顔!


手を上手に使って、破いていきます。
ちぎる大きさも様々で、これだけでも面白い絵ができそうですね。


こちらのお友達も一生懸命に色画用紙を破いて、本紙になる画用紙の上に並べてみています。ここからイメージを膨らませていき、コラージュをしながら絵を作っていきます。


アキヒロ先生:「好きなモノはなに?」「海と山、どっちがすきかな??」

お友達:「くるま!」

アキヒロ先生:「では、こんなくるまはどうかな?」

お友達:「タイヤきいろーー!!」

と、会話をしながらだんだんとイメージを形にしていきました。


そして、完成した作品がこちらです。



爽やかな青空の下、赤いくるまと紫のくるまが仲良く走っています。
難しい形は、お母様に手伝っていただきながら進めていきました。
その過程でもコミュニケーションがあり、物語が展開していました。


こちらのお友達もの作品は、大きな船と小さな船が仲良く大海原に浮かんでいます。
手前は草原なので、これは高い丘から大海を望んでいるところでしょうか。
画用紙いっぱいに元気良く、コラージュで絵を作れたのではないでしょうか。


この授業で今年度の「いろはがじゅく」は終了となります。
たくさんのお友達もとの出会いは、本当に楽しく有意義なものとなりました。

僕自身も2歳の子供がいますので、みんなと授業をするのが本当に楽しかったです!
また、会いましょうね。

担当した先生は、アキヒロ先生。(記:アキヒロ先生)