こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2013年9月17日火曜日

9/14(土)の授業報告

今日の課題

幼児クラス/空を描く
少年Aクラス/空を描く・静物着彩・クッション
少年Bクラス/ジオラマ②

-幼児クラス-

幼児クラスでは、今日からあたらしく「空を描く」の課題を始めました。
まだ完成していないので、今回は背景の一部をご紹介。
前回の「つばさ」の課題では、ボンド貼りの作業が続いていましたが、
今回はひさしぶりの絵の課題となり、みなさんとても楽しそうに、伸び伸びと描いていましたよ。
心なしか絵が生き生きしているように思います。






-少年Aクラス-

少年Aクラスは、おやすみだった生徒さんが復帰され、
振替の生徒さんも何人か来てくれたので、いつもよりにぎやかでした。


ひさしぶりのがじゅく。さつき先生と一緒に「空」を描きました。


「空を描く」を完成させた生徒さんの作品。
前回描いた背景と、切り取ったパーツを上手に組み合わせて、
山に登る電車を表現しています。


「静物着彩」の生徒さんは、カモのはくせいを見ながらそっくりに描く難しい課題でしたが、
最後までしっかりと仕上げることが出来ました。


小学生のお姉さんたちは、前回に続き「クッション」を制作中。
表裏を貼り合わせ、中綿を詰めるところまで進んだので、
もう一工夫。ニードルで穴を開け、毛糸のひもを通すことにしました。
毛糸針をつかって、お裁縫みたく出来るかな?





-少年Bクラス-

Bクラスで制作中のジオラマも、続々完成してきました。
引き続き制作中の生徒さんたちも、それぞれにユニークなモチーフを
制作しています。



金色に輝く大王イカの足。海面の渦や泡が、木ビーズや針金を使ってうまく表現されています。
怖ろしい大王イカが残した魚の骨やヒレが・・・食べられてしまったのでしょうか。


こちらは幼児さんの作品。難しい課題でしたが、とても意欲的に取り組んでくれました。
天国に行くはしごの架かった、雲に浮かぶ不思議な世界。


紙粘土を使い、海で泳ぐ人、釣りをする人、打ち寄せる波の様子まで
非常に細かく丁寧に表現しています。イメージがしっかり形になりましたね。


今日は一年生の男の子が見学に寄ってくれました。
絵がとても好きな様子で、短い時間でしたが、
クラスのみんなに混じってとても楽しい絵を描いてくれました。

今日の担当はゆうこ先生とさつき先生とももこ先生でした。(記:ももこ先生)