こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2016年10月13日木曜日

小山10/12(水)の授業報告

こんにちは。こう先生です。

突然ですがもうすぐハロウィンです。
仮装をしたり、お菓子をもらったり、とっても楽しいイベントですね。
がじゅくでもハロウィンにちなんだ課題をしますが、
すでにカボチャや魔女といったハロウィンをイメージした作品を目にします。

先生のクラスでも近々ハロウィンの課題をしたいと思っていますが、
まずはがじゅく展の作品が先になりますので、
生徒のみなさんは展示に向けてよりいっそう頑張っていきましょう。

では、本日も作品を観ていきましょう。


幼児クラス

最初はこちらの作品から観ていきましょう。

まるで虹で作られているかのような、とってもかわいくて不思議な作品です。
庭や煙突、トビラまで虹色です。
屋根裏にはねこが外の様子をうかがっているのがみえるでしょうか。
誰かの帰りを待っているのかもしれませんね。

なんと、青い作はしっかりと開け閉めが出来る可動式です。
とっても大変でしたが、最後まで頑張って作ってくれました。
ほんとうに素晴らしい作品です。


少年クラス

 少年クラスの作品も観ていきましょう。

こちらはハリネズミの模刻作品です。
まだ目や足はできていませんが、ずっと頑張って針をくっつけてくれています。
そのかいあって大分ハリネズミらしくなってきましたね。

地肌の色も良い色を選んでくれて、素敵作品に仕上がる予感がとてもしています。


中高生クラス





最後は中高生クラスの作品です。

こちらはじっくりと描き続けてきた、狸の剥製デッサンです。
まだ数回しかデッサンの経験が無い中、とてもよく描けています。
木の質感やどっしりとした重みを感じる存在感は、中学生とは思えないレベルです。

最後本人も気にしていましたが、狸の形や存在感の薄さがおしいところですね。
このあたりに自分で気づくには、まだまだ経験が足りない部分もありますが、
それでもこれだけの質感を表現できたことを、まずは自身に思って次回からの作品でも、
どんどんと描いていけるといいですね。

とてもよく描けた丁寧でいいデッサンだと思います。



担当したのは、そのこ先生とこう先生でした。(記:片倉こう先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ