こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2017年1月27日金曜日

小山1/18(水)の授業報告

こんにちは。こう先生です。

本日も、小山スタジオの生徒さんの作品を見ていきましょう。
今日は中高生の生徒さんが、長い時間をかけて描いた力作も一緒に紹介しますよ。


幼児クラス


まずは幼児クラスのこちらの作品を見ていきましょう。

青と黄色がさわやかで、色使いがとっても華やかな鏡餅ですね。
おもちがまるくてなんだか雪だるまのようにも見えて、
とてもかわいらしいです。

てっぺんのダイダイもとてもリアルに作られていて、
仕事の丁寧さが伺えます。

今月のみではなく、ずっと飾っていたいと思える作品に仕上がりました。



こちらの作品も見ていきましょう。

フルーツたっぷりの大きなホールケーキですね。
自分の年齢と同じ数のロウソクもとっても奇麗な青で、
アルミホイルの炎もキラキラ輝いています。

360度どこから見ても違った果物が見えて、
ほんとうに見応えのある素敵な作品に仕上がりました。


少年クラス


少年クラスからはこちらの作品を紹介します。

図形が幾重にも重なって、不思議な絵ができあがっていますね。
がじゅくの道具をなぞって、その重なりを思い思いの模様や色で描いていきました。

なんだか地図のようにも、大きな機械のようにも見えて、
いろいろな感じ方のできる作品に仕上がったのではないでしょうか。

根気のいる課題でしたが、最後まで丁寧にしあげてくれたと思います。



こちらのハリネズミのデッサン作品も見ていきましょう。

小山スタジオの剥製の中でも特に繊細な仕事が求められるハリネズミですが、
この刺の見事な描きっぷりは素晴らしいという他ありませんね。
きちんと刺の方向にも気を配っているし、
柔らかな毛の部分との描き分けも出来ています。

しっかりとした密度の、とても素晴らしいデッサンに仕上がりました。


中高生クラス


最後は中高生クラスの作品を見ていきましょう。

こちらは写真模写になるのですが、本当に見事な描きっぷりです。
サザエの複雑な色味や、物体としての立体感など、
ほんとうによく描けています。

ただ、本人の中ではまだまだ物足りないといった感想でした。
それでも、今の時点でこれだけ描けていることを先生は褒めてあげたいと思います。

この先の成長に期待が持てるとても素晴らしい作品になりましたね。


担当したのは、ゆう先生とこう先生でした。(記:片倉こう先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ