こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2017年6月22日木曜日

小山6/21(水)の授業報告

こんにちは。こう先生です。

今日は大変なお天気でしたね。
けれど、そんな天気を吹き飛ばすような素敵な作品が、本日の授業ではたくさん生まれました。

さっそく見ていきましょう。


幼児クラス


幼児クラスからはこちらの作品をご紹介しましょう。

目もくらむほどのきらびやかなロゼットですね。
下地の淡い色の上に、鮮やかなラメのりやスパンコールがメリハリになっていて、
とても綺麗な色合いを生んでいます。

特に、中央の花とビーズを交互に並べた飾り付けは本当に綺麗で見とれてしまいます。
そのさらに真ん中には夜をイメージした月が輝いていて、
アイデアのたっぷり詰まったとても素敵な作品に仕上がったと思います。


少年クラス


少年クラスも見ていきましょう。

こちらはパテを使った絵画作品です。
なんとも爽やかで美しい絵ですよね。

パテの特徴を生かして、鳥の羽や背景の木の質感を見事に表現しています。
背景の葉の色や配置もとてもバランス感覚が良く、空間と光を感じることができます。

本当に、丁寧で真摯な姿勢がなせる、素晴らしい作品だと思います。



続いても絵画作品です。

こちらは植物の葉をバラバラにデッサンしコラージュした作品です。
葉がとても魅力的に描かれていますよね。
鉛筆とクレヨンで細かく描いていて、他にはない表情を作り出しています。

影の表現もうまく白いクレヨンを使って、淡い色味を再現してくれています。

個性的でなおかつたくさんの人を惹きつけることのできる、魅力溢れる作品になりました。



次は立体作品を見ていきましょう。
すらっと伸びた木に、小さな木造の家がとても素敵なツリーハウスです。

つまようじというとても細いパーツを、
ここまで綺麗につなぎ合わせるのはほんとうに繊細な仕事が必要なのですが、
こちらの生徒さんは見事にこなしてくれました。
結果、綺麗な壁面のツリーハウスが出来上がり、作品の完成度につながっていますね。

最後に追加した枝木も、バランス良くつけられていますし、
葉の色も爽やかで綺麗です。

お手本のような理想的なツリーハウスになったと言っても、
決して言い過ぎではない、それほど素晴らしい作品だと思います。




少年クラス最後の作品は、こちらの鉛筆で描いた絵画作品です。

岡本太郎やダリを思わせる、不思議で超現実的な世界が広がっています。
大きな空間には、無数のモチーフが描かれ、見るものを引き込んでしまいます。

鉛筆という平凡な道具も、ここまで描き込むことでまったく違う画材に見えるのに驚きですね。
こだわってよく描き込まれた、とても魅力的で力溢れる作品だと思います。


中高生クラス


中高生クラスも見ていきましょう。

R2D2のフィギュアが大分形になってきました。
それぞれのパーツでの着色が進み、感性形のイメージが固まりつつあります。

細かな作業の連続で、本当に気を使う課題ですが、
できているものはとてもいい感じなので、このままうまく進めていきたいところですね。



本日もあいかわらず、見事な作品ばかりでしたね。
次回はどんな作品が出てくるのか、とっても楽しみです。
では、またお会いしましょう。


担当したのは、たかひろ先生とこう先生でした。(記:片倉こう先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ