こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2018年2月16日金曜日

小山2/14(水)の授業報告

こんにちは。こう先生です。
本日も皆さんの素敵な作品を振り返っていきましょう。


幼児クラス


こちらはなんともおしゃれなスマートフォンの粘土作品です。

まさかスマートフォンを粘土で作る生徒さんがいるとは...
これも時代でしょうか。

しかしできあがってみると、思った以上にかわいらしく仕上ったように思います。
色味やアイコンはアイデアあふれていて、
とてもオリジナリティのある素敵な作品に仕上がりました。

アイコンがお花のようにも見えて、そのあたりもかわいらしいですね。



こちらの作品はかわいいドーナツセットです。

色とりどりにデコレーションされたドーナツがとっても美味しそうな作品ですね。
アイロンビーズのチョコもいい感じにアクセントになっていて、
作品を彩ってくれています。

箱の模様もお花をイメージさせるようなデザインで、
女の子らしい、かわいい作品に仕上がったように思います。


少年クラス

こちらは赤を基調とした写真たての作品です。

色味を絞ったデザインがとってもクールですね。
おばあちゃんのプレゼントとして作ってくれたのですが、
気持ちがこもっているのが、作品から伝わります。

特におめでとうの文字は、毛糸を使って器用に形作ってくれました。
とっても繊細で丁寧な仕事、ほんとうに素晴らしいと思います。



つづいてはこちらの亀のデッサンを見ていきましょう。

ため息が出るほどに、素晴らしい描きこみですね。
甲羅や鱗の細かな形を、一切妥協せずに描きこんでくれているので、
隙のないデッサンになったと思います。

他にも、デッサンの生命線である影の表現も、
きちんと直線を意識できていて、きちんと安定感を出せているのも、
大きなポイントですね。


中高生クラス


中高生クラスからは、石膏のレリーフ作品を見ていきましょう。

恐竜と、謎の仮面を彫ったこちらの作品ですが、
色味がとってもいいとおもいます。
絶妙な色加減で古い化石の感じがとてもよく表現できています。

形も単調にならず、傷や切れ込みなど、きちんと強弱がついているのも見事ですね。


本日は以上です。
では、また次回の授業でお会いしましょう。


担当したのは、ひかる先生とこう先生でした。(記:片倉こう先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ