こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2013年8月20日火曜日

8/20(火)夏期講習 2日目の授業報告





<幼児クラスの課題:ドローイング
/いろねんどー虹の首飾り>

今日は夏期講習の2日目です。
幼児クラスの生徒さんたちは、
すっかり『がじゅく』に慣れたようで
みんな元気!


今日は「黄」「赤」「青」の3色のねんどから、
13色のねんどを作っていきます。

おとなりどおしの色をまぜて、
「何色になるかわかるひと!」と
クイズをしながら進めていきましたよ。


ちいさな手でねんどをムラなくこねるのは、
なかなか大変な作業だったけれど、
みんなよくがんばったねっ(拍手)


さいごは針金にそうっと通して、
好きな色の毛糸をつけてできあがり!



みんなが先生とのお約束を守ってくれたから、
すてきな虹色のネックレスができたんだよ。

たいへんよくできました(花丸)

明日は最終日。
ゆうの先生とバトンタッチします。
みんなと会えなくなるのはさびしいけど、
またぜったいに遊びにきてね!



<少年クラスの課題:静物水彩・鳥を描く>



少年クラスはいよいよ静物水彩の課題です。
1日目の今日は、えんぴつでデッサン。

まずえんぴつをカッターで削る練習から。
はじめての生徒さんは力加減が難しかったね。

そしてイーゼルの使い方、イーゼルを置く場所、
画板の高さ、体の向き、えんぴつの持ち方。
いっぱい説明したけれど大丈夫だったかな(汗)


そしていよいよデッサンです。
エスキースの紙にだいたいの形をとってから、
本番の紙へ。

こちらは10歳の生徒さんのデッサン。
水鳥の形がよくとれていますね。
細かい羽の描写もじょうずです。


こちらは9歳の生徒さんのデッサン。
水鳥のふっくらした感じがよくでています。
光の方向を決めて影も描き込みました。


こちらは最年少の生徒さん。
広げた羽の形がじょうずに描けています。
画面にたいして大きく鳥が描けましたね。


こちらは今日が最終日になる11歳の生徒さん。
羽に勢いがあってとてもいい感じ。
色がつくの見たかったな、残念。

明日はいよいよ3原色で着彩します。
担当は大塚ゆうの先生です。
みんなの作品に色がついたら、
どんなふうになるのかとても楽しみです。

あと1日。がんばって。
そしてまた、絵を描きにきてね。



担当は多和田ゆうき先生と
倉屋ゆうこ先生でした。(記:ゆうこ先生)