こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2015年3月9日月曜日

小山3/9(月)の授業報告




今日は午後からシトシトと雨がふっていました。
乾燥するこの季節、のどが弱い先生には恵みの雨
なのですが…身勝手なもので雨がつづくと明日は
晴れないかなぁ、とついつい思ってしまいます。

幼児クラスの課題:静物着彩

今日は幼児クラスで初めてイーゼルを使用して
「静物着彩」にチャレンジしてみましたよ。
みんな画家さんみたいで、かっこよかったね!


たくさん覚えることがありました!
イスの向き、イーゼルの位置、イーゼルピンの
高さ、えんぴつの持ちかた、などなど…


まず、えんぴつのやわらかい線で形がとります。
そして暗い部分を描きこんだら、いよいよ着彩。


まずは暗い部分に暗い色をのせてから、モチーフ
そっくりの色を絵の具と絵の具をまぜてつくって
のせていくんでしたね!そのときの水は多めで!
でないと、えんぴつの線が消えてしまいますよ。

そしてみごとに完成した作品がこちら↓


モチーフの「サギ」の形がとても上手に描けま
したね。やわらかそうな羽毛も表現できました。
絵の具がかさなって、にじんで、きれいですね!


画面いっぱいにモチーフを描いて迫力のある
作品になりました。えんぴつの線ものびのび
と元気があっていいですね。色も混色した色
をたくさん使っていて透明感があります。


さいごは、むずかしい羽をひろげた「カモ」を
描いた生徒さん。形をとるのに時間がかかった
ので、もうすこし着彩の時間がほしかったです
ね!でもむずかしいモチーフによくチャレンジ
しました!えらい!

今日の生徒さんたちは、みなさん、のびのびと
手が動いていて、先生とても感心しましたよ!
また新しいモチーフが来たら挑戦しましょうね。



少年クラスの課題:
石積みハウス制作/わりばしハウス制作

少年クラスはそれぞれの課題のつづき制作しま
した。「石積みハウス」を制作しているチーム
は本日続々と完成しましたよ↓


こちらは小さめサイズの小物入れを完成させた
生徒さん。カラフルでかわいい小物入れになり
ましたね!屋根の部分はふたになっています。


こちらはモンゴルのテント風にしあがった作品。
馬が水を飲んでいて、まるで遊牧民ののどかな
生活をかいま見たような気分にさせてくれます。


こちらもゲル風(テント)のお家になりました。
屋根に使っている生地がポップなので、すこし
サーカス小屋のような楽しげな雰囲気もありま
す。そして屋根を開けられるようにしました↓


家のなかも制作してもらいました。
寝心地のよさそうなベッドと、花柄のクロスを
ひいたテーブルが見えますね!途中完成がみえ
なくて挫折しそうになりましたが、さいごまで
あきらめずによくがんばりました!


さいごに「わりばしハウス」制作中の生徒さん。
今日はここまで組み上がりました。ただところ
どころグルーガンがきちんとついていない部分
があったので次回確認しながら補強していきま
しょう。むらさきの小鳥さん、かわいいです♪

「石積みハウス」が完成した生徒さんたちには、
次回「粗密の対比」という少しむずかしい課題
をやろうと思っています。
「粗」とは「粗雑」「おおまか・おおざっぱ」
「密」とは「精密」「こまかい・ぎっしり」と
いうこと。なにか具体的にイメージできるかな?



担当したのは、かな先生とゆうこ先生でした。
(記:倉屋ゆうこ先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ