こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2017年8月26日土曜日

小山8/26(土)の授業報告




夏休みものこりわずかですね。きのうが小学校
の登校日で、すでに宿題を提出してきたという
生徒さんもいました‼︎ ちなみにゆうこ先生は、
夏休みは宿題を0にしてほしい、派です(笑)

早朝合同クラスの課題:パテ絵画/点描画/窓
がある絵/モビール制作/自由画

本日の合同クラスは、はじめましての、かずや
先生にお手伝いしていただきながら、それぞれ
の課題をすすめていきました。完成した作品は
なかったので、途中制作をご紹介していきます。


まずは、完成がやっとみえてきた「パテ絵画」
フルーツの描きこみがすすんでとてもよくなり
ました‼︎ グレープフルーツやオレンジの断面
のキラキラしたみずみずしさを表現することで、
より本物っぽくなりましたね。切ってないオレ
ンジも明るい部分と影の部分と色を数段階変え
ることで、丸みを感じられるようになりました。
あともうすこし。脇役のフルーツも描きこんで
いけるといいですね。


こちらも描きこみがかなりすすみました。「カ
エルのパテ絵画」です。油科卒業のかずや先生
の指導のもと、絵に深みがでてきました。あと
やはり気になるのは、手前の葉脈かなぁ…


こちらももうすぐ完成でしょうか。「点描画」
で描いている「ゴッホのひまわり」画用紙の白
い部分がみえなくなって、本物に近づいてきま
した‼︎ ひまわりの花の部分を細い筆で、描き
おこしているのも、とても効果的。なかなかの
力作になっていると思いますよ。




あとは、「窓のある絵」でロケットを描いてい
る生徒さん、「モビール」のパーツが完成して
あとはバランスをとってぶら下げるだけの生徒
さん、「自由画」でサンフランシスコの路面電
車を描きはじめた生徒さんがいました。

まだもうすこし先のお話ですが、がじゅく展が
12月にあります。小山スタジオは今年は平面
作品を出展します。なのでいま立体を制作して
いる生徒さんは、つぎに平面の作品を。平面を
制作している生徒さんは、がじゅく展出展を頭
にいれて制作していきましょう。



幼児クラスの課題:アルミホイルの魚制作/
型どり絵画/空想の動物制作/フォトフレーム
制作

幼児クラスも、かずや先生にひきつづきお手伝
いしていただきました。まずは「アルミホイル
のお魚」が完成したのでご紹介します。


まるで絵本の1ページのような、ストーリーを
想像させる絵になりました。魚の虹色のウロコ
もとてもきれい。今日仲間いりしたクラゲさん
もとぼけた表情でかわいいです。背景の海の色
も、いろんな色が混ざっていてすてきですね。


こちらは本日スタートした生徒さん。はじめは
お絵描きできない、といっていた作者さんです
が、かずや先生といっしょに描いたら、こんな
にたくさんの海の仲間が描けました。すごい‼︎
これからどんどんじょうずになるから、とにか
くいっぱい手を動かしていこうね。


こちらも本日完成「型どり絵画」です。教室に
ある道具のかたちを、クレヨンでとって、着彩
していくのですが。作者さんのとてもまじめで
きちょう面な性格がレイアウトに表れています。
きっと作者さんのお机もきちんと整理整頓され
ているのだろうなぁ 黄色がメインの画面の中
に、ちらっとみえる赤色がとても効果的ですね。


こちらも完成した「空想の動物」です。鳥のよ
うなクチバシがある顔に、キリンのような長い
首。短く太い足が4本に、背中には無数の足…
という、作者さんならではの、豊かな発想から
生まれたこの動物。名前はなんと、「サトシ」
……というよりどちらかといえば、ポケモンっ
ぽいのになー。おもしろいですね(笑)住んで
いる場所は、ブロッコリー畑で、もちろん好物
はブロッコリーです。作者さんの柔らかい頭の
発想力に、脱帽です‼︎


さいごは「フォトフレーム制作」です。こちら
も完成したのかな? クレヨンスクラッチで絵
を描いてもらって、フレームは淡いピンク色と
オレンジ色にぬりました。時間ギリギリでキラ
キラしたスパンコールで飾りつけをしました。
いちばん楽しい工程が、大慌てになってしまい
ましたね。次回乾いた状態をみて完成かどうか
いっしょに考えましょう。



担当したのは、
かずや先生とゆうこ先生でした。
(記:倉屋ゆうこ先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ