こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2016年4月1日金曜日

小山3/30(水)の授業報告


こんちには。
最近家のキッチンに小さなアリが歩いているのを発見したこう先生です。
とうとう春が来たなぁと思うと同時に、どうしようかと頭をかかえました。
外で見るアリさんはかわいいですが、家の中で見るとそうもいかないのが不思議なものです。

では、今日も生徒の作品を見ていきましょう。

幼児クラス


ますは幼児クラスの作品です。
こちらの手作り時計はハート型でとってもかわいいですね。
文字盤が花になっていて、針の先にはちょうちょうがくっついています。
立てて装飾したストローが立体感を演出していてとてもおもしろいです。
アイデア豊かなとってもいい作品です。


こちらはまだ途中なのですが、イラストがとてもユニークでかわいかったので紹介します。
折り畳むとお財布になる課題なのですが、左側には蜘蛛の巣と蜘蛛とコウモリ、右側にはライオンが描いてあります。
特に先生はライオンのイラストがお気に入りです。
すごくゆるい顔をしていて、だけど立派なタテガミもついていて、キャラクターとしてとても魅力的だと思います。


少年クラス


ここからは少年クラスの作品です。
こちらは亀の骨格標本なのですが、時間の経過で古くなった様子が色でうまく表現できてきました。部分的に茶色が強くなっているのが匠ですね。
あとはパーツを組み立てて、ディスプレイを考えたら完成です。
もう一息なので、がんばってつくりましょう。


続いては、空港から飛び立つ大きなジェット機を描いた、こちらの絵です。
翼の角度が難しいアングルだったのですが、見事に描ききってくれました。
空の青色と地面の灰色がとても良い対比になっていて、画面に強さを感じます。
またモチーフの大きさがちょうど良く、広さを感じる事ができるので、
寂しい印象がないのがすごいところです。
見ていて気持ちのいい絵だと思います。素晴らしいです。


中高生クラス


中高生クラスも見ていきましょう。
生物デッサンがとうとう完成しました。
チェック柄の布がものすごく大変だったと思うのですが、なんとか描ききってくれて良かったです。
途中黒が鈍くなることもありましたが、最終的にはしっかり色味の差を感じる事ができていますね。
床への意識が少し弱いのが残念なところです。
よくデッサンで忘れがちになってしまうのですが、床も1つのモチーフとして描くと、
ぐっと現実感が増すので、忘れないようにしましょう。
それでも難しいモチーフの中、よく描けていると思います。




担当したのは、ゆうの先生とこう先生でした。(記:片倉こう先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ