こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2016年6月30日木曜日

小山6/29(水)の授業報告

こんにちは。こう先生です。

本日も、たくさんの完成作品が生まれました。
さっそく作品を見ていきましょう。


幼児クラス


まずはこちらの作品です。
とっても素敵な切り抜き絵画です。紫が上品ですね。
切り抜いたハートから、虹をのぞく事ができます。

額の装飾も統一感があって、かわいらしい女の子らしさに加え、女性の気品すら感じるすばらしい作品です。





蝶のデカルコマニーの作品もどんどん完成させてくれました。
どちらもとても奇麗ですね。
上の作品では、花や気に加え、クレヨンでも蝶を描いてくれて、とっても賑やかです。
下の作品も、花の上を優雅に飛んでいる蝶の軽やかな印象がとてもここちよいです。

ほんとうに、どちらもとても素敵です。


少年クラス


少年クラスの作品も見ていきましょう。
こちらは、ねこの写真の写生作品です。とても難しいアングルの写真なのですが、
よく見て描けています。
とくに毛並みの描写のがんばりをほめてあげたいです。
白、茶、黒の色の違いを出しつつ、いっぽんいっぽん毛を意識したタッチが伺えます。
とても丁寧で好感の持てる作品です。


中高生クラス


中高生クラスでは、それぞれ成果が現れていきました。
まずは平面構成の作品ですが、毛糸の描写が大分形になりつつあります。
今日は、絵の具の水量を気にしながら、滑らかなグラデーションになるよう意識してもらいました。
次回はモチーフのらしさをもっと出すために、アウトラインを少し直してみましょう。



鴨の着彩はほとんど完成です。
大分色がのってきて存在感が出てきました。
ちゃんと、光の部分の明るさを維持しているので、しっかり立体感も感じます。

葉の陰の付け方もしっかり形にそって描けているので、嘘くさくありません。
今回はひとまず制作はここまでにし、時間をおいてから続きを描いてもらいます。
そうすることで、一度リセットして絵をみることができ、新しく見えてくるものがあるはずです。



担当したのは、こう先生とまき先生でした。(記:片倉こう先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ