こども美術教室 がじゅく 武蔵小山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2015年2月16日月曜日

小山2/16(月)の授業報告




昨日は美術館見学の日でした。
いろいろな色のたくさんの点で描かれた絵画が
かざってありましたね。「川」を描くなかでも
青だけではなく黄色やオレンジやピンクや緑や
むらさきなど…さまざまな色をみつけることが
できました。今回の体験がみんなのこれからの
制作の刺激になればいいな、と思っています。

幼児クラスの課題:お菓子のパッケージ
デザイン/和凧制作/ウニ制作

「点描画」は先週予習でやってしまったので、
今日は「お菓子のパッケージ」をデザインする
課題をみんなで制作しました。

幼児さんにはすこしむずかしい課題でしたが、
よしあき先生やゆうこ先生のつくった見本の
パッケージを見ながら、ふだん何気なく食べ
ているお菓子の包装の役割をよく考えて制作
してもらいました↓


こちらはポテトチップスです。そして塩味です。
このようにパッケージできちんと文字で伝える
ことはとても大切なことです。左上にちんまり
いるのは「ジャガイモくん」。商品に関連した
キャラクターを考えるのもデザイナーのお仕事
ですよ。ポテトチップスも本物みたいに上手に
作ることができましたね(花丸)


こちらはイチゴ味の板チョコです。女の子むけの
商品でしょうか。とてもかわいらしいパッケージ
になりましたね。イチゴ色の板チョコに線をいれ
たりチョコを銀紙で包んだり細部にもこだわって
制作することができました。


こちらはオレンジ味のペロペロキャンディ。
手前はいろんな味のキャンディでしょうか。
下書きのときは「かに味」のキャンディがあっ
たのですが(笑)…それが赤いのなのかな?


たくさん作りたいからか、どうしても白いままの
パッケージが多くなってしまいましたね。左下の
ピンクとむらさきのキャンディはとてもすてき
にできたので、次回はなるべくがんばって色を
使って白を残さないように制作してみましょう!


こちらはチュッパチャップス。まんまるの棒つき
キャンディです。包んだときをきちんと想像して
どの場所にメインのイラストを描けばいいのか
をちゃんと理解して制作することができました!
パイナップル味とイチゴ味。黄色の毛糸でむすん
だのもすてきですね!

しばらく保留になっていた「和凧」を完成した
生徒さんもいましたよ↓


生徒さんはずっと気にしていたのに、たいへん
お待たせしてしまってごめんなさい。今日うれし
そうに持って帰ってくれて先生もひと安心です。

今日から「ウニ制作」を始めた生徒さんもいま
した。まずは自分の好きな色でつまようじをたく
さん染めてもらいました↓


次回の授業では発砲スチロールの球に色とり
どりのつまようじをどんどん刺していきますよ。



少年クラスの課題:石積みハウス制作
/お菓子のパッケージデザイン

今日の少年クラスはお休みがふたりいてすこし
静かでさびしかったですね(涙)でもじっくり
落ち着いて制作することができました!

まずは「石積みハウス」制作の生徒さんたち↓



とにかく根気のいる作業なので休み休みでも
いいので完成を目指しましょう。


制作途中ですが、今日はここまですすみました。
もうすこし壁を高くしてから、屋根の制作に入り
ましょう。屋根は取り外しができるようにして、
小物入れになる予定です。屋根の石には色をつけ
てもいいかもしれないですね。がんばれ!

どうしても集中がきれてしまった生徒さんは、
息抜きに「お菓子のパッケージデザイン」を
制作してもらいました↓



…とてもノリノリで制作していました(笑)
行き詰まったときは、息抜きも必要ですよね!

さて。
がじゅくの生徒さんたちの展覧会である
「がじゅく展」の今年の日程が決まりました。
10月10日(土)〜10月12日(月)
詳細はまたおってご連絡いたしますが、
日程が決まると、だんだんきもちが盛りあがっ
てきますね!今年もとても楽しみです!



担当したのは、
よしあき先生とゆうこ先生でした。
(記:倉屋ゆうこ先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ